ワンコ

犬の爪切りがこわくてできない・・という人に!

更新日:

「どこまで短くしたら良いのか解らない」

人とは違って、犬の爪は地面に爪を立てて走るためにある程度の長さは必要です。

猫とは違って、自分では整えたりしませんからね。

それでは、目安としてどのくらいの長さがあれば良いのか考えていきたいと思います。

犬の爪切りが怖いとほっておくと指が変形する!

 

室内飼いの犬が年々増えてきています。おおよそ8割は室内飼育といったところでしょうか。

室内で飼育していると、どうしても爪が伸びてきます。それはどうしてかというと、スベスベの床で過ごすからですよね。

床と比べると金属ヤスリのようなアスファルトやコンクリート、紙ヤスリのようなの土の上で、常日頃歩いていたら、爪はほど良く削れて手入れをする必要はありません。

ですが、室内で1日の大半を過ごす犬は、段々と爪が長くなり、特に大型犬に多いのが、爪が長くなりすぎて、指先に力が入らなくなります。

床のように爪を引っかけて走ったりできない環境で過ごしていると、指先に力を入れることが出来ず、その結果、足先に力を込めて走ることができなくなり、指は真っ直ぐに伸びて、人で言えば、常にジャンケンのパー状態になってしまいます。

そのために、足の筋肉が衰えてしまいます。こうなってしまうと、なかなか元に戻らなくなります。

そのままにしておくと、どこかに引っかけて、爪が根元から抜けて出血してしまう原因にもなります。

指先まで力が入る子は、指先と指先が離れていません。力が入らない子が、パーのような指先が開いた状態になっています。それ以上伸びると、爪が邪魔になり指が横向きに曲がり始めてしまいますので、注意してくださいね。早く歩けなくなるんですよね。

でも、犬の爪切りは血が出そうで切るのが怖いですよね?

 

そんなときは、アスファルトやコンクリートといった表面がガサガサした地面で、ゆっくりとした散歩をすると、段々と爪も削れてきます。爪が長いということは、歩く時間が短いといくことです。

野生動物が爪の手入れをすることはありませんよね?生きていくために必要なぶんだけ爪が伸び、それが普段の生活で必要なぶんだけ削れているので、手入れをする必要性がないのですね。

しかし、自然の中で生きるのではなく、人と共に過ごす犬は、その必要性のバランスが崩れてしまっているから、爪のほうが必要以上に伸びてしまうわけですよね。

実はそれが運動不足ってことなんですね。本来なら、爪切りする必要のない体のつくりをしているのですが、環境の違いによって、爪が削れてしまうほどの運動ができていないってことなんですね。

ちなみに私の犬たちのほとんどは、昼間は囲いの中のコンクリート張りの地面で自由に走っていますので、爪切りは必要としていません。もの凄く短い爪をしています。

ということは、爪が伸びて気になるのは、運動量が不足しているってことなんですね。爪切りが怖いのであれば、それなりの運動や散歩をもっと取り入れると、爪は自然とその子に適した長さに整えられますので、もっと運動量を増やしてはいかがでしょうか?

但し、爪が伸びているからって、いきなり運動量を増やして、アスファルトやコンクリートで走らせたり歩かせると、足の裏が削り取られて皮が剝けてしまいますので、一気に運動量を増やすのではなく、徐々に増やした方が無難です。

その点、土の上では、どれだけでも歩かせたり走らせたりすることができますので、土の上で放すことが出来るような場所を使って、ボール遊びなどをして、思いっきり愛犬が満足するまで遊んであげるのも良いかと思います。もし足が痛くなってきても、自分で休憩しますので、爪切りが怖いってかたは、運動量を増やしてみてはいかがでしょうか。

あまり歩きたがらない老犬の場合は?

 

歩きたがらないってことは、老齢のために背骨や足の関節が変形して神経を圧迫していたりすることがあります。

そのような老犬を、無理矢理長時間歩かせることなんでできませんよね。

痛々しくて。自分で歩こうとするのであれば、筋力低下防止に歩くことは良いことです。

しかし、体が思うように動かなくなった老犬の場合、どうしても爪は伸び放題になってしまいます。

これはどうしようもないですよね、飼い主が爪切りしてあげるか、どうしても怖ければ動物病院で、先生に切って貰うのが良いでしょうね。

でも、自分で切らないといけない子もいますよね。動物病院に連れていってストレスを感じるような子であれば、できれば避けたいですよね。

そんなとき、爪切りが必要になってきます。よく使われているのが、ギロチンタイプの爪切りです。力を込めて切らずとも、サクっと気持ち良く切れます。

ですので、爪切りを用意するときに、まず動物病院に行って、そのことをお話しして、爪切りを注文していただくのが一番良いと思います。動物病院で購入しても、そんな高価なものではないですよ。

その際に、どうやって爪を切れば良いかも教えて貰い、どうしても怖いと感じられるのでしたら、まじないとして、止血剤もお願いしたら良いかと思います。

もし仮に深く切りすぎて、血が出てしまうことが、飼い主として一番の恐怖だと思います。

だって、私もそうですから・・・。

そのときに、止血剤があるから。って、飼い主さんが感じる不安を少しでも取り除く事ができるアイテムとなってくれます。ですから、前もってお願いして、心を万全にして愛犬の爪切りをやってみてはいかがでしょうか?

とりあえず少し爪を切ってみましょう

 

最初はとりあえずほんの先の数ミリだけ思い切って切ってみましょう。

愛犬が嫌がるかどうか、

今から爪を切るよ~、怖くないよ~。

って、愛犬に言い聞かせ、自分にも言い聞かせるように、思いっきりサックリとやってみてください。ほんの数ミリだから出血もしないし、愛犬もそこまで嫌がらないはず!

と心に言い聞かせて。

やってみると、以外と快感かも・・・・しれませんよ。サクっと爪が切れて、その感触というか、最初の達成感というか、なにか嬉しい自分がいることに気づかれるはず。そして思ったよりも簡単かも・・・・きっとそう思われることでしょう。

それで調子に乗ってはいけませんよ~、ほんの少しずつ数回繰り返して少しずつ短くする。

「これ以上はできない・・・。」

そう思われたら、そこで止めるべきです。それ以上はやらなくていいんですよね。

皆さん、爪を切らなければ・・・という思いが強いために失敗してしまうんですね。

そういう私は、何度も切るのが面倒だから、一度に血が出ないギリギリまで短く切ろうとして失敗していますので・・・。

そして切り終えたら、愛犬の行動を観察してみてください。日々の生活に支障はないか。

つまずかないか、何かに引っかけたりしていなか。

そしてちゃんと指先まで力が入るようになったかどうか。

もし、支障がありそうであれば、それは必要以上に伸びている証拠。

まだまだ短く切れます。再度数ミリだけ切ってみてください。そして様子を見る。

どうせ切りすぎても、先生から用意して貰った止血剤もありますしね。

ちなみに私は切りすぎたとき、パテを塗る金属の細いヘラをホームセンターから買ったものを用意しています。これを熱して血が出ている爪に押し当てて焼いて止血してます。

ほんの一瞬だけあてるんですけど、やはりほんの一瞬だけ痛がりますが、見事に出血は収まっています。

私の子たちは大型犬ですので、出血量が凄まじく、爪を圧迫しても力が強いため、嫌がって振りほどかれますので、ほんの一瞬で済む焼灼止血をやっています。

血が止まらなければ半日ほども出血したままになりますので、ほんの一瞬で止血できる方法でやっています。意外と簡単なんですけど、気迫が必要になってきますよね。

これも獣医さんに相談したとき、大型犬は止血剤よりもなれたら簡単ですよ~って言われたのでやってみたら、以外と簡単だったんですよね。

ちなみに、レーザーメスと同じことをやって止血する方法らしいですね。

まとめ

 

  1. 爪が伸びるのは運動量が不足している。
  2. 運動量を増やす。
  3. 最初から一気に運動量を増やさない。
  4. 爪切りは数ミリずつ切っていく。
  5. 切った後様子を見て生活に支障を来していないか観察する。
  6. 爪を切る前に獣医師に爪切りと止血剤を要してもらうこと。

さて、いかがでしょう?実は爪切りって、やってみたらとっても簡単なんですね。ほんの少しだけ切って、そして様子を見て・・・。こんな感覚で良いんですよ。

最初から短く切ろうと思うからこそ、失敗しそうで怖いんですよね。

ようは、生活に支障がないか。これだけなんですよね。

あとは、一番重要なのが、指が変形していないか。変形してしまう前に爪を切ってあげてくださいね。

ちなみに、歩きたがらない子は、もしかすると、甲状腺ホルモンが低下している恐れがありますので、受診してみてくださいね。無理をさせると心臓に負担がかかってしまいますからね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-ワンコ,

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.