ワンちゃん

犬にも便秘が起こる?その原因と予防法をご紹介!

更新日:

 

 

人では女性に多いイメージのある便秘。

実は犬でも便秘が起こることがあるんです!その原因は様々ですが、中には危険な状態であることも…。

今回は、そんな犬の便秘の原因と予防法をご紹介します!

 

飼い主さんが積極的に便秘に気づいてあげましょう!

 

愛犬のお世話で、ちょっと嫌なトイレのお掃除。臭うし汚いし、ついサボりがちだな…なんてことありませんか?

私もよく顔をしかめながらやっていますが(笑)、できれば決まった時間帯に、少なくとも毎日トイレは掃除してあげましょう。

愛犬がうんちをしたらすぐ掃除する派の方が多いと思いますが、それならどうやって決まった時間に掃除できるの?と思うかもしれません。答えはいたって簡単で、ご飯を決まった時間にあげたら良いのです。

犬も人間と一緒で、規則正しい生活をすれば、毎日同じ時間にトイレをしたくなりますよ!

犬の便秘は大概の場合、愛犬がうんちをしていなかったり、する体勢になると痛がったりする事に飼い主さんが気づいて発覚します。毎日の観察が早期発見につながるのです!

 

便秘の原因は?

 


 

一言に便秘といっても、その原因は様々。

今回は具体的にどのような理由で便秘になるのか、ご紹介します!

・食事性

消化に悪い食べ物や毛を大量に食べる、水分摂取量が少ない

消化不良になりやすい植物性たんぱく質や人工添加物を豊富に含む食べ物をたくさん食べると、便が硬くなってしまい、排出しにくくなります。また、水分をあまり取らない場合も同じように便が硬くなります。人間と同じですね!

・環境性

トイレが汚い、運動不足

綺麗なトイレで落ち着いて用を足したいのは犬も一緒。実は、トイレが汚いと、用を足すことが出来ず、そのまま便秘になってしまう犬も多いのです。違うところにトイレしてしまうと怒られると分かっているから、我慢してしまうのですね。

・薬剤性

別の病気で動物病院から処方された薬の副作用

病院で服用された薬の副作用に便秘が含まれることがあります。多くは獣医師が一緒に整腸剤や下剤を服用するように教えてくれますが、それでも便秘してしまった場合には獣医師に相談しましょう。

・外傷性

肛門や周囲に傷があり、排便しようとしても痛くてできない

便自体に異常がなくても、肛門やその周りに傷があると、痛みのあまり排便姿勢が取れず、便秘になってしまいます。この場合はまずは傷を治さなければ、便秘も治りません。
しかし、肛門周辺はデリケートな部分ですので、独断で薬を塗るのは禁物です!必ず獣医師に相談しましょう。

・物理性

異物、直腸や肛門の狭窄

好奇心旺盛な犬たちはよく誤飲を起こしてしまいます。特に小型犬では誤飲したものが腸に詰まってしまうことがあり、外科手術で取り除かないといけない場合もあります。
また、なんらかの原因で直腸や肛門が狭窄してしまうと便の通り道が塞がれてしまい、物理的に便秘になってしまいます。そのままにしておくと危険な状態です。動物病院でその原因を詳しく検査しなければなりません。

このように、便秘の中には放っておくと重大な症状を引き起こす事があります。原因が明確にわからない場合は獣医師に相談するようにしましょう!

 

便秘を防ぐためにしてあげられることは?

 


 

上に示した便秘のうち、薬剤性・外傷性・物理性のものは元々別の原因があり起こる二次性の便秘のため、元の原因を治す必要があります。しかし、食事性・環境性のものは飼い主さんが少し気をつければ防ぐ事ができるんです!

・食物繊維を豊富に含む食べ物を与えてあげる

おすすめは、ずばり芋です!芋は食物繊維を多く含む食べ物で有名ですが、飼い主さんが手作りごはんを愛犬に作ってあげる時の定番食材でもあります。

便秘予防と一緒に、愛情たっぷりの手作りごはんやケーキを作ってみるのも良いかもしれません♪

・お腹マッサージをしてあげる

お腹マッサージでお腹を刺激してあげると、リラックス効果とともに腸も刺激されてお通じが良くなります。

コミュニケーションの時間としてマッサージしてあげましょう。

まとめ

 

犬は自分の体調不良を訴える事が出来ません。

そのため、飼い主さんが便秘に積極的に気づいてあげて、その原因をしっかり把握し治療する事が大切です。また、日々のコミュニケーションを取りながら予防にも努めて、便秘予防を行いましょう!

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-ワンちゃん,

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.