ニャンコ

猫の目やにが気になる!目薬は効くの!?

更新日:


猫は人間同様目やにを蓄えることがあります。

これは猫にもよりますが、

猫の目やにからは、健康状態を把握することができます。

もし買っている猫ちゃんが頻繁に目やにを作ってしまい、

大丈夫なのか、目の病気か何かなんじゃないかと心配になる方は、

この記事を参考にして目やにについて理解を深めていただけたらと思います。

今回はそんな猫の目やにに対する対策法や症状などについてのお話です。

放っておくと大変になってしまうかもしれませんので、

対策はしっかりしておきたいですね。

それでは早速見ていきましょう。

 

目やにから分かる猫の健康状態

 

目やにからはその猫がどんな状態にあるのかの情報を読み取ることができます。

結論から言いますと目やにには、

心配いらないものと病気の疑いが持たれるものの2種が存在します。

心配のいらない目やには色で判断します。

色が赤っぽい色をしている場合は問題はありません。

代謝によって涙の中に含まれる古くなった細胞や老廃物なんかがでているに過ぎません。

猫が目をパチパチさせてなんか邪魔そうにしているなら、

綺麗なティッシュや布巾で目やにを取り除いてあげると良いでしょう。

それでは危険な場合はどのような状態なのでしょうか。

それは目やにの色が黄色や緑色、白色をしている場合です。

この場合はすぐに病院に連れて行くことをお勧めします。

なぜなら細菌感染が疑われるからです。

細菌感染をすると猫は非常に危険な病気にかかる恐れがあります。

 

目やにの量

 


目やには色だけでなく、量で判断するのも望ましいです。

目やにがたくさん出ると怖いのが、

目やにが眼球についてしまうことです。

角膜が傷つく恐れもあります。

すぐさま病院で診断してもらうようにしましょう。

しかし頻繁に目やにが出ていても、

それが生まれつきであったり、

代謝による働きであるため、しょうがないことでもあります。

とにかく辛そうにしていたら受診を考えなければなりませんが、

そうでない場合は、その都度取り除いてあげれば良いでしょう。

目やにの量が少量の場合で、特に目に傷などが見られない場合、

目の病気ではなく、生理現象である場合がほとんどですので気にすることはないでしょう。

 

目薬は効くのか

 


人間の目薬は当然使用してはなりません。

しかし猫用の目薬であっても、効き目はあるのでしょうか。

目やにの原因には結膜炎などが考えられると言います。

こうした症状を防ぐ働きをする猫用の目薬も市販されています。

しかし猫によっては効き目も薄かったり、

もともと目やにの出やすい体質であったりして、

目やにが止まらないケースもあります。

我が家の飼い猫にも一匹目やにがいつも出てしまう猫がいますが、

お医者さんに診てもらったところ、

生まれつきの体質によるものが大きいためしょうがないのだそうでした。

猫用の目薬には抗生物質が含まれているため、

炎症を抑えることができ、

すぐに目やにの症状を抑えることができる可能性があります。

しかし猫によっては抜群の効き目をもたらす場合も考えられますので、

目薬を試してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

大切な飼い猫のために目やには取り除いてあげたいですよね。

目やには健康状態を表す大事なバロメータであります。

猫はこうしたバロメータは様々なものを持っています。

飼い主がこれにいち早く気づいてあげることが、

何より重要であります。

そして病気が疑われる場合はすぐさま病院に行って診断してもらうようにしましょう。

しかし目やにが少量の場合は特に心配はいりません。

そこで適切な処置を施してもらったらもしかしたら症状も軽くなるかもしれません。

あとは目薬の効き目に頼ることです。

猫用の目薬は売られていますので、それを試してみるのも一つの手ではないでしょうか。

ぜひいつまでも健康的な猫でいさせてあげるために、

できることはなんでもしてあげましょう。

普段から猫の健康状態を把握しておくことも重要です。

以上猫の目やにについて原因や対策についての記事でした。


にほんブログ村

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-ニャンコ,

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.