ワンちゃん

愛犬が震えている!熱が出ているから?震えの原因と対処法

更新日:

 

ふと愛犬を見たときに全身がぶるぶる震えているのを発見したら、どんな飼い主さんでもびっくりしますよね。

その原因にはさまざまなものが考えられますが、放っておいてもいいときもあれば早めに動物病院へ連れて行ったほうがいい場合もあります。

人間では熱を出すと寒気がして震えることがありますが、犬ではどうなのでしょうか?今回はその原因を徹底調査致します!

 

震えの原因は?どうしたらいいの?

 


犬の震えの原因を1つずつ見ていきましょう。

・寒い!

1番シンプルかつ、多く見られる原因は「寒さ」です。

私たちも特に冬場は寒くてぶるぶる震えますよね。これはシバリングという生理現象で、体温を保つために身体の筋肉を細かく動かすことで熱を発生させます。

犬も同様で、散歩のために外に出たときや季節の変わり目など、急激に温度が下がると震えることが多いです。

我が家の犬も冬場は朝起きるとケージの中でブルブル震えながら縮こまっていることがありますが、小さな身体が丸まっていると何もしてないのにごめん…という気持ちになります(汗)。

犬は全身が毛で覆われているため、基本的には寒さに強いと言われていますが、短毛種や原産国が暖かい地域の犬種では寒い環境に弱く体温が下がりやすいです。
寒さによる震えが続くと低体温症になってしまい、最悪命に関わる可能性があります。発見したときには室内の温度を上げたり、洋服や毛布で暖かくしてあげたりしてあげましょう。

・怖い

突然の大きな音や、嫌いな出来事が起こると、身体を震わせることがあります。人間も恐怖に陥ると震えてしまいますよね。犬も一緒です。

突然の出来事に対して震えているときは、抱っこしたり撫でたりして落ち着かせてあげましょう。嫌いなものに対して震えているときは、慣れさせるしかないです。

我が家の犬は掃除機が大っ嫌いですぐ震え出すので、掃除機の時におやつをあげて「いいことがあるよ〜」と言い聞かせてトレーニングしています。

・発熱している

感染症などにより発熱している場合にも震える場合があります。

感染性の発熱の場合には、病原体と身体の中の免疫が戦っています。このときに、身体を震えさせて体温を上昇させるのです。

発熱による震えは、大抵の場合息も荒くなり苦しそうにし、身体全体が火照っています。同時に食欲がなくなったり下痢をしたりすることが多いため、早めに動物病院に連れていきましょう。

また、後述にあるように、身体に痛みがある場合にも発熱することがあります。

・身体のどこかに痛みがある

関節や怪我をした部位などに痛みがあると、そこに対する痛みに耐えるために震えることがあります。

また、この場合も身体の中で病原体と免疫が戦い、熱も一緒に出ることがあります。

この場合は震えとともに熱が出たり、痛いところを引きずって歩いたりするため、比較的分かりやすいです。

特に外傷の場合はそこから細菌が入り悪化する場合があるため、清潔なガーゼなどで包んで動物病院へ向かいましょう。

・脳や神経に異常がある

脳や神経に異常があると、てんかん発作などにより痙攣がおき、震えることがあります。

この場合には全身が意識と関係なく震え、一定の時間を置いて何分か震えが起こります。手足の痙攣が多く、同時によだれを出す場合もあります。

てんかんの場合、おさまると普通の状態に戻りますが、犬自身も何が起こったか分からず、驚いたような態度や興奮状態を見せることがあります。

発作はすぐに命に関わるわけではありませんが、何度も起こると危険です。検査をしてその原因となっている疾患の治療をしましょう。

 

震えの理由はさまざま、原因を探ってあげよう

 

今回は犬の震えのをいくつかご紹介しましたが、人間とよく似ていることが分かりましたね。。

犬も寒さや感情によって震えるし、熱が出たり病気でも震えるのです。大切なのは原因を決めつけないこと。状況から確実な原因がわからなければ、すぐに病院へ連れていき、検査してあげてくださいね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-ワンちゃん,

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.