雑記

犬がしっぽを振る本当の意味とは?

更新日:

 

犬がしっぽを振るのは喜び?

 

愛犬がしっぽを振っている姿を見ると、とてもうれしくなります。

 

何故うれしいか?

 

それは皆さんが当たり前のように、犬がしっぽを振るのは喜んでいるからと思っているからですよね。

 

ご飯をあげた時、一緒に遊んでいる時、散歩の時に振っているのを見れば大部分の犬を飼っている人は、そう思っていると思います。

 

ですが、実はそれだけではないのです。

 

犬がしっぽを振るのは興奮している?

 

しっぽを振るのは喜んでいる時だけではなく。怖がっている時や起こっている時もあるのです。

 

このことを理解していないと、トラブルのもとになります。

 

考えてみてください、散歩の途中で小さい子を連れている親子にあったとします。 小さい子供に犬に触らせてほしいと親から頼まれたときに、しっぽを振っているから喜んでいると判断して許可を出したときとしましょう。

 

もし犬が怖がって尻尾を振っていたとしたら、どうしますか?

 

犬は恐怖心から、子供にかみついてしまうかもしれません。

 

しっぽからの感情表現をどう読み取るか?

 

ワンちゃんはボディーランゲージで感情表現します。もともと犬は群れで生活する動物ですので仲間同士での意思の疎通は大切になりますね。

 

しっぽは大きな動きができるので、ほかの犬に意思を伝えやすいため重要な意思疎通の手段なのです。

 

犬の感情を読み取るのはためには、表情、体の動き、しっぽ、呼吸等総合的に判断判断することが必要になりますが。今回はしっぽの動きからの情報を細かく見ていきましょう。

 

しっぽの高低差、振るスピード、振る方向から

 

しっぽの位置が低く、後ろ足の間に丸めてしまい動きがない時は、不安や、怯えを表しています。

体を小さくして防御の体制になり、かつ相手に対して自分の方が弱いということを伝えている状態だと思われます。

 

しっぽの位置が水平または下がり気味でピンっと張った状態の時は、緊張してしっぽに力が入っている状態です。

すぐに次の行動に移れる体制ですので、このようなときは接するときに注意が必要です。

 

しっぽをあげている時

 

しっぽをあげて左右に大きく振っている時は喜びを表しています。しっぽの振り幅や勢いが強くなるほど比例して喜びが大きいということですね。

 

しっぽをあげるという行為は犬の自己アピールに当たります。周りの犬に対して自分の強さをし示すときは、しっぽをあげて先っぽをゆっくりと振ることをします。

 

犬が攻撃的なっている時のしっぽの状態は?

 

斜め目にあげてぴんと張りながら振っている時は、興奮しているだけでなく攻撃的になっている状態です。この様な時は、口元を引き締め歯をむき出して高い声で吠えるという行動も伴うので、気を付けなければなりませんね。

 

まとめ

 

しっぽの位置が低く後ろ足の間に入り動きがないときは、不安や、怯え

 

しっぽの位置が水平または下がり気味でピン張った状態の時は、緊張状態

 

しっぽをあげて左右に大きく振っている時は、喜びを表して

 

しっぽの振り方でおおよその犬の感情を読み取ることができると思いますが、全体のボディーランゲージから判断することが大事になりますよね。

 

ペット犬の場合、犬同士の社会性を身に着けるか付けないかの小さな時期に親や兄弟から引き離されてきているのです。

 

尚更、愛犬の感情表現には敏感に感じ取り、喜びを表している時はしっかりと答えてあげて、不安や怯えを感じている時はフォローしてあげて下さいね。

 

あなたのワンちゃんは、あなただけが守ってあげられるのですから。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.