雑記

犬を職場に連れて行くの日

更新日:

 

皆さん、イギリスで始まった「犬を職場に連れていく日」という活動があるのをご存知でしたか?

 

その日は、「父の日」(6月第3日曜日)の後(6月19日以降)の最初の金曜日。1996年にイギリスで誕生した記念日。

 

この記念日は、殺処分されるペットたちを救うという趣旨で始まったもので、アメリカでは「Pet Sitters International」(PSI)により1999年から実施されています。

 

「Bring Your Dog to Work Day」とは?

 

イギリスでは「Bring Your Dog to Work Day」、アメリカでは「Take Your Dog to Work Day」(TYDTWDay)と呼ばれていて。

職場に飼い犬を連れて行く事により、犬を飼っていない人にも犬の良さを知ってもらい。さらに保護施設や愛護団体から動物を引き取ることにも関心を持ってもらうのが目的です。

 

この日を挟んで、SNSに投稿するキャンペーンやフォトコンテストなどのイベント。慈善団体に資金を集める活動が行われています。

 

アメリカでは、「Pet Sitters International (PSI)」(ペットシッターのプロフェッショナルを育成する企業)が 毎年実施するイベントとして提唱し、発祥元のイギリスはじめアメリカではこのイベントに参加する企業や個人が年々増加傾向にあり、カナダやオーストラリア、イスラエル等の国々にも広がりを見せています。

「Pet Sitters International (PSI)」は「Take Your Dog to Work Day」の導入に向けたツールキットを配布しています。

 

犬がいることで生産性を向上させる?

 

留守番をしている犬の心配をしなくてよくなる飼い主はもちろん。犬の存在が職場の人間のストレスを軽減するなど良い影響を与え、生産性が向上するとの調査結果が出てもいるのです。

日本でも検証実験が行われ、思考力、疲労感の軽減や生産性の面で効果があるという結果が発表されています。

数は少ないながらも日本にも「コンパニオンアニマル(犬)」を導入している企業があるようです。

 

保護犬猫を迎え入れる

 

保護犬猫の救済が趣旨の運動。

 

活動の賛同者が増え引き取られる犬猫が増える事を願います。

 

 

 

 

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.