雑記

犬の笑顔?

更新日:

 

愛犬との触れ合いの中で、犬の表情が笑顔を見せているとこちらも幸せな気持ちになりますよね。

ですが

本来犬はと言いますか霊長類以外はうれしいとき楽しいときに笑顔を作るということはしないということをごぞんじでしたか?

犬も感情を持っていますしうれしい楽しいときももちろんあります。その時の表情が笑っているように見えるのも事実です、

ではなぜその様な表情をするのか?

犬の笑顔

 

犬はとても感情豊かな表情をしてくれますよね。

 

一緒に遊んでいる時の楽しそうな顔、お散歩をしている時の嬉しそうな顔、おなかをさすったり撫でてあげている時の幸せそうな顔etc.

 

帰宅時に迎えてくれる時のあの、尻尾をぶんぶんに振って飛び跳ねながら見せる笑顔。

 

あれを笑顔ではないというのでしょうか?

 

そんなことはありません、笑顔なのは間違いないです。

 

本来の習性ではないという事だけであって後天的な習性ということなのです。

 

犬の笑顔は人により形作られる

 

もともと犬は感情を表すときは尻尾や体の全体の動きなどで表現します。

 

それが人間との生活の中で、飼い主の感情を知る為に人間が見せる感情表現の仕方などを観察して徐々に学んでいくのです。

 

そして同じ様な表情を犬も使う様になっていくのですね。

 

犬は飼い主の感情を学習し後天的な習性として実践できるということです。

 

犬の笑顔のサイン

 

以上のように嬉しいときに犬も笑顔を表現する事が解りましたが、少し細かく見ていきましょう。

 

愛犬が飼い主に対して口角を上げながら口元を緩め、目を細めながらじっと見つめて来る時がありますよね。優しい笑顔のように見えます。

 

このような表情の時は、とてもリラックスをしている時と思われます。犬が目を細めるのは友好のサインと言われます。

 

あなたにこのような表情を見せているのは、気を許して安心しているのでしょうね。

 

また、初対面の人や犬に笑顔の表情を見せるときがありますが。これは「自分は敵意はないよ」、「落ち着いてね」のサインと思われます。

 

事前に争いごとを避ける意味のサインです。

まとめ

 

犬の見せる可愛い笑顔には様々な意味があります。

 

飼い主さんに向けられている時は、「嬉しい楽しい」「構って!何して遊ぶの!」「幸せ」等私たちにとっては、うれしい感情表現の時表してくれているようですね。

 

愛犬がそんな表情を見せてくれた時は、あなたも笑顔を見せてたっぷりと愛情を返してあげてくださいね。

 

 

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.