雑記

犬に牛乳は駄目なの? その理由は?

更新日:

犬に牛乳を与えては駄目なの?

 

犬に牛乳を飲ませたら危険とよく聞きますが、それはどうしてなのでしょうか?

牛乳は栄養素が多く身体にも良いと思われるため、愛犬の健康のためには出来れば与えたいと思いますよね。

 

その理由をお伝えしていきたいと思います。

 

犬に牛乳を与えてはいけない理由

 

牛乳にはラクトースと呼ばれる乳糖が含まれております。乳糖とは母乳以外には含まれない甘みのある成分で、この成分を上手く体内で消化できる酵素がラクターゼと呼ばれる消化酵素です。

 

生まれたての子犬の時期には沢山のラクターゼが体内にあり、母乳でも人間用の牛乳でも問題なく消化できるのですが。

 

このラクターゼは大人に成長するに従い減少していくのです。

 

そのため日々市販の牛乳を与え続けていると、体内で消化できなくなり嘔吐、下痢、腹痛などを引き起こす事になります。

 

つまり自然界の考え方では、生まれてから身体を作っていくためには母乳が必要であり。

 

身体が母乳を欲するように母乳以外には自然界に存在しない乳糖と云う甘味成分を含ませており。

 

成長過程で母乳を必要なくなる頃には、体の中のラクターゼと云う消化酵素が無くなって行くということなんですね。

 

なので、自然の摂理に従えば成犬には牛乳を与えるのは避けた方が良いと云うことになるのではないのでしょうか。

犬に牛乳を与えなければならない理由などは無い

 

危険を冒してまで、牛乳を与えなければならない必要が有るのでしょうか?

 

成犬に牛乳を与えるメリットはありません。

 

飼い主の方で牛乳を与えている理由の一つとして、手軽にカルシウムとタンパク質与えられるとしてドックフードに少量掛けて与えたり、便秘対策に薄めた牛乳を与えたりしていますが、その方法で必要量を与えられるのでしょうか?

 

むしろデメリットの方が大きいのではないのでしょうか?

 

嘔吐、下痢などの危険はお伝えしましたが、肥満に繋がる恐れもあるのです。

 

牛乳は高カロリーなのです。成長期に必要な自然界の栄養食なので当たり前ですね。

 

牛乳の代わりになる物は?

 

牛乳のように栄養価が高く、乳糖が無く高カロリーで無いもの。

 

 

カッテージチーズはどうでしょうか?

 

カッテージチーズは人間のダイエット食にも用いられるように低脂肪ですし、牛乳の中に含まれているカルシウムやタンパク質、ビタミンAがほとんど残っております。

 

また、製造過程で乳糖がホエーと一緒に除去されているので安心して愛犬に与えることが出来るのです。

 

まとめ

 

私たち人間でも牛乳はおなかの調子が悪くなると避けている方も多いですよね。

 

そして下痢になってしまった時のおなかの痛みを考えると、愛犬に同じ思いをさせたくないと思いませんか?

 

人よりも身体の小さい犬にとっては苦痛も強くなると思われます。

 

市販の人間用の牛乳を与えのは、避けた方が良いと思います。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.