雑記

犬の車酔いは防げるの?

更新日:

 

ワンちゃんとのドライブ。

 

犬を飼うようになれば当たり前に憧れます。 自分がそうでした(笑)

 

いろんな所に連れていって楽しい思い出が作れるかなと期待していたのに、実際に飼い始めたらうちのワンちゃん車酔いして吐いてしまった!

病院に車で連れて行くことも出来ない。

 

という、飼い主の方も居るかと思います。

 

ワンちゃんの車酔いは治せるのか?

 

そのことについて勉強していきたいと思います。

 

 

犬の車酔いの原因は?

 

犬も人間も車酔いの仕組みは一緒で、内耳の三半規管や前庭が車の揺れや振動で刺激され、平均感覚や自律神経が乱されるからです。

 

また、一度車酔いで吐いてしまった嫌な記憶が次に乗ったときに甦り、精神的なストレスにより条件反射のように繰り返されてしまうことが考えられます。

 

嫌なところと言えば、車に乗った時の行き先も関係して来ますね。

 

毎回、動物病院に行っていれば。

車に乗ったら(犬にとって)嫌なところに連れていかれる、となるのですね。

 

さらに嗅覚の鋭い犬にとっては、車内の匂いも重要になるのではないでしょうか?

車用の芳香剤の香りは、人によってもきつく感じる場合があるので犬には尚更ですよね。

 

犬の車酔い初期症状

 

どの様な症状が出て来るのでしょうか?

 

そわそわと落ち着きがなくなり、吠えるなどの不安症状が出てきて。

 

震えや頻繫なあくびやよだれが増えるといった様子を見せ、最後には嘔吐へと症状が進んでいきます。

 

犬の車酔いの対策

 

車に乗ったら嫌なところというイメージがある時は、それを変えていきましょう。


動物病院に行く時でも、早めに家を出て先に公園などに連れていき遊んであげて楽しいところにも行くと思わせる。

 

車内の環境に慣れさすために、一定時間止まっている車に乗せてその日は終わりといったことを繰り返す。

 

強すぎる香りの見直し。

ジンジャー(生姜)には吐き気を抑える効果とペパーミントには鎮静効果があると云われますので、それらのアロマオイルの香りを車内に漂わせてみるという事も試してみると良いかと思います。

 

空腹時や満腹時にも車酔いになりやすいといわれますので、出発時の2時間前には食事を済ませて胃が落ち着いた頃に出かけるようにしてみましょう。

 

 

車外の景色を見せると良いといわれますが、横に流れる景色を見ていると正面から景色を見ている場合と違い視覚から入って来る情報と体の中の位置情報が合わず、内耳の平均感覚を狂わせて酔いやすくなることもあります。

 

外の空気を吸って気分が良くなるワン居ゃんもいるので、車内の空気の入れ替えも考えてください。

 

まとめ

 

犬の車酔いには個体差があり、いろいろ試しても改善しない場合もあります。そのような時は動物病院で酔い止め薬を相談してみる必要があるかもしれません。

 

改善が見られないワンちゃんの場合は、無理に車に乗せるのは控える事も考えなければならないかもしれませんね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.