雑記

犬の体温の正常値は?

更新日:

 

皆さん、ご自身の体温は知っていますよね?

 

では、愛犬の体温はご存知でしょうか?

 

意外と皆さんご存知んないんじゃないでしょうか。

 

自分の体調が悪い時体温を測り、そして平熱と違えば病気を疑い病院に行ったりします。愛犬の平熱を知っていれば同じ様に、体温により体調の良しあしの判断がつけられますよね。

 

愛犬の平熱を知っていることは、重要な事だと思います。

 

犬の体温の正常値は?

 

犬の体温の平均値は体格や年齢により誤差は有りますが、38.5℃前後と人間より高めなんです。

小型犬の場合には38℃~39℃と更に高く、大型犬は37,5℃~38,5℃が正常値となります。

 

犬の体温を測るときに気を付けなければならないのは、リラックスして落ち着いている時に行ってくださいね。

何故なら、犬の体温はちょっとした運動や興奮状態により簡単に上がってしまいますので。

 

そして犬の体温は朝は低めで夕から夜にかけて高めにと、1日の中で変動がありその差は1℃ほどにもなるそうです。

 

なお成犬に比べ幼犬は代謝が活発なので体温は高めになり、逆に老犬は低めになります。

 

この様に個体差により平熱は違って来ますので、普段から体温をチェックして愛犬の平熱を知っておくこと大切です。

 

犬の体温の測り方は?

 

一番確実なのは肛門から体温計を入れて直腸で体温を測る方法になりますが、犬も暴れてしまうだろうしそうなると粘膜を傷つける恐れもあるし。

 

やはり素人にはハードルが高いですよね。

 

ですので正確な測定は動物病院で測ってもらい。

普段の体温を知る方法としては、耳で測る体温計(動物用)や、非接触性の赤外線で測る体温計(人間用)などを使ってみたらいかがでしょうか?

 

体温を測る正確性には乏しくても暴れない状態でいつも同じ条件で測れる分、数値の変化に気が付きやすいと思います。

 

直腸で測る方法は、挿し込みが適切でなかったり便に刺さったりしてしまうと全く正確に計れないので、こちらの方が確実かもしれませんね。

 

目安としての体温を知る方法として考えてもよいと思います。

 

犬の体温が高い時

 

犬の体温が高い時、と言っても何度あれば危険と判断すればよいのでしょうか?

 

39,5℃以上あると少し高めと判断して普段と違うことが無いか気を配ってください。

 

食欲が落ちていないか、グッタリしていないか、下痢や嘔吐していないか、異常が無いか調べ、熱以外普段と変わらなければ一時的に体温が上がっただけかもしれないので時間をおいてからまた測定してみて異常が有れば動物病院に連れて行ってくださいね。

 

40℃以上ある場合は、何らかの病気の可能性が考えられますので直ぐに病院に連れて行く事をお勧めいたします。

 

体温が高いときに疑われる病気

 

感染症・・・ウイルスや細菌などあらゆる感染症で発熱が伴います。

化膿性外傷・・・噛み傷を負ったり外傷により体内に膿が溜まると発熱をともないます.

熱中症・・・体温を逃がす機能が効率悪く熱をため込みやすい犬は熱中症にかかる恐れが高いです。

 

犬の体温が低いとき

 

 

年を取ると筋肉も減り新陳代謝が落ちるため平熱が落ちてきてしまうことが考えられますね。

 

それと老犬は体温調整機能が低下してくるので、気温の低いところに長時間居させてしまうと体温が下がってしまいます。これは体温調整機能が未熟な幼犬にも当てはまります。

 

36℃台になった場合は、毛布にくるんであげたり保温に努めて下さい。36℃以下になった場合は積極的体温をあげる医療行為が必要になる場合がありますので動物病院に連れて行ってください。

 

甲状腺機能低下症による体温の低下も疑われます。甲状腺により作られる代謝を活発にするホルモンが減り、代謝が落ちるため作られる熱量が減り体温が低めになる事により元気がなくなり、食欲も落ちたりします。

 

まとめ

 

この様に、愛犬の平熱を知っておくことは病気などの異変を察知するきっかけになりますよね。

 

平熱を把握して、体温のチェックを定期的にしていればより安心して愛犬との生活を送れると思いますので検討してください。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.