ワンちゃん 雑記

犬がうれしょんするのは何故?

更新日:

 

トイレのしつけは終わっているのに、うれしょんをしてしまう。

 

何故なのでしょう?

 

飼い主さんにとっては、頭の痛い問題の一つです。

 

犬がうれしょんをしてしまう理由と対処法

 

うれしょんと云われるものは、喜びのあまり興奮して尿を漏らしてしまう行為を言いますね。

 

尿道の周りにある尿を溜めておく為の膀胱括約筋が未発達の子犬の時期に多く、成長の過程により収まっていくと言われますが成犬になってもしてしまう個体も居ます。

 

うれしょんをするをする理由は様々で、それに伴い対応も異なってきます。

 

興奮して

 

一つは、飼い主さんが帰宅した時など興奮状態の時にしてしまうパターン。

 

この場合は、相手をしない、無視をする、つまり興奮状態が落ち着くまで待つということです。

 

帰宅時に喜んで興奮している姿を見ると、直ぐに愛犬の元に行きたいのはやまやまですが。ここはグッと我慢。

 

先ずは、荷物を置いたり手を洗ったりして時間を開けて下さい。うれしょんをしても直ぐには飼い主は来てくれる訳では無いということを教えてあげるのです。

 

落ち着いたら思いっきり愛情を注いで触れてあげて下さい。そうすれば、「催促しなくても飼い主は必ず来てくれる」と安心してくれます。

 

服従のサイン

 

犬には元々「服従を表すため尿を漏らす」と云う習性があります。

 

依存心の強いワンちゃんの場合は、尚更服従をアピールする為に漏らすことがあります。

 

この場合も、直ぐに反応をせずに落ち着いてから優しく接してあげて「アピールなどせずとも、優しく接してくれる」と思ってくれるようにしたいです。

 

 

しかりつけてはダメ!

 

犬がうれしょんをする行為はある種の服従です。これを怒って躾けるのは間違った行動と思いませんか?

 

犬にとっては「嬉しい、大好き」と好意をもって接触していっているのに、大きな声で怖がらす事は、犬の気持ちを裏切る行為になりませんか?

 

それに興奮状態の犬に、しかりつけても何の効果もありません。怖がらすだけです。

 

後かたずけのことを考えてしまい感情的になって「しかる」ことはやめてください。

 

犬がうれしょんをしてしまうという行為は、興奮にしろ服従にしろその原因は飼い主に対する愛情表現なのだということを忘れないでくださいね。

 

まとめ

 

いずれの場合にしろ興奮させないようにする事が大事です。

 

その対処法は、飼い主の自制心が重要でしたね。

 

ワンちゃんの愛情表現の一つである「うれしょん」、上手に付き合っていきましょう。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-ワンちゃん, 雑記

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.