犬の肉球を怪我した時の対処法とケア

更新日:

 

ワンちゃんの肉球ぷにぷにと柔らかくつい触ってしまいたくなる所です。

 

ですが、ここは犬にとって重要な器官です。

 

更に、ワンちゃんの自身がしきりに肉球を舐めている場合も注意が必要になってきます。

 

そのあたりも含め、肉球に関するトラブルについてお伝えしたいと思います。

 

犬の肉球の怪我の可能性

 

犬が肉球を舐める行為自体は珍しいことではございません。

室内で飼われている犬の場合など本来犬が生活する上での必要な行動をせずに済んでいる為、簡単に言えば暇な時間の退屈しのぎに舐める行為をしている事もあります。

 

ですが、長時間その状態が続く時は肉球の異常を疑う必要があります。

 

そんな時は、肉球をチェックしてください。

 

疑われる肉球の状態

 

肉球の表面は角質に覆われていますが中は脂肪と線維構成されクッション材としての役割と、血管や汗腺、神経などと感覚器官も集まる重要な部分が同居しているとてもデリケート部分です。

 

そこに違和感があれば、舐めるという行為に繋がります。

 

怪我をしている

 

犬にとって肉球は靴底の役目をしているので、散歩の途中で怪我の恐れが多分にあります。

肉球の擦れ

 

飼い主さんの不注意によりリードを引っ張り過ぎてしまい擦り傷を負ってしまっている可能性があります。

 

軽い擦れの場合は、日毎に良くなっていくので過度に心配する必要はないと思いますが、ワンちゃんが舐めることにより細菌が入り腫れてくるようなことがあればお医者さんに診てもらった方がよいと思います。

 

肉球の皮がめくれている・切り傷

 

 

肉球の皮の再生には1月ほどかかるので気長に待つしかありません。

赤くなっていたり傷ついている場合ワンちゃんが舐めると化膿する恐れがあるので、舐めることが出来ないように靴下をはかせるなどして物理的に遠ざけ、病院で化膿止めを処方してもらうと良いと思います。

 

ワセリン・オロナインなど勝手に塗らないでください。赤くなっている場合など細菌の感染の恐れがあるので病院の診断を受けること。

 

その間は舐めて傷口が化膿しないように、エリザベスカラーの使用も必要かもしれません。

 

夏場のアスファルトは一発で火傷するので、怪我の時はもちろん歩かせないようにしてくださいね。

 

外でしか排泄できない犬の場合仕方ないので、石ころの多い道を避けてゆっくりとした散歩をする。

 

外から帰ったら、必ず水洗い。

 

外出用靴下など吐かせてもよいが、滑りやすくなるため思わぬ怪我の元になりかねないので注意が必要になります。

 

肉球のひび割れ

 

外で飼っている犬の場合よく見られる肉球のひび割れ、猫と違い犬の場合はひび割れには神経質にならなくてよいと思われます。

 

気になる方は保湿クリームを塗っても良いですが、ワンちゃんが舐めてしまうことを考えて犬用のクリームを使って下さいね。

 

肉球の腫れ

 

細菌による腫れの可能性もありますし、爪の脱臼の可能性も考えられます。

 

他にも、バリカン負けの可能性、トリミングで肉球の間の毛を刈られて肉球がカミソリ負け状態で敏感になっているところに、気になり舐めることで腫れてしまうこともあるようです。

 

その場合は、次回からは肉球間の毛は残してもらうようにすると良いかもしれません。

 

肉球のケア

 

日頃から散歩の後には足の裏に異常が無いかチェックを心掛けましょう。

 

足を洗う場合には、必ず指の間の水分を拭き取り乾かしてください。雑菌の温床になる湿気を残さないように努める事が大事です。

 

スキンケア材の使用は、肉球の状態により適宜判断されると良いと思います。

子犬のうちから使用して免疫力の低下を招く恐れもありますし、逆に加齢により保湿機能の低下がある場合は必要になりますしね。

 

まとめ

 

肉球とは犬の行動に重要な役割を持っています、走る、止まる、着地する、体温の調整のための汗腺も備え感覚器官もあります。

 

その子に合ったケアに努め、健康的な生活を共に過ごしていきたいですね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.