愛犬は分離不安症?予防と対策

更新日:

 

犬を飼い始め、愛情をこめて接する。そして注いだ愛情にこたえてくれる愛犬。

 

自分が移動すればちょこちょこと付いて回り、飼い主の姿が見え無くなれば吠えて探し回り。

そんな愛犬の姿を見て、さらに愛おしくなり要求されるまま愛犬の元に。

 

甘えられて嬉しく思っていたら、いつしか愛犬があなたにベッタリな関係になってしまう。

 

そのようなことを繰り返しているうちに、愛犬の異常行動が増えてきて…。

 

「犬の分離不安症」をご存知ですか?

 

そのまま放っておくと愛犬も飼い主もお互いに不幸な事になってしまうかもしれません。

 

犬の分離不安症とは?

 

飼い主さんと離れることに過度な不安を覚えて精神的なストレスから体調を崩したり、問題行動を起こしてしまうことを「分離不安症」、「分離不安障害」と言います。

 

犬はもともと群れを作って生活をして来た動物なのは皆さんご存知と思います、それが現在の人間との生活の中では一人っきりでの「お留守番」を強いられてる事もあるのですからなおの事心細い状況に置かれているわけです。

 

普通は人間との生活の中で暮らしていくうちに少しずつ一人でいる状態にも慣れていくのですが、そこに何かのきっかけで不安感が高まってしまった時に問題行動を起こしてしまう状態を「分離不安症」と言います。

 

犬の分離不安症状

 

どんな行動が見られるのか?

 

・飼い主が居ないと、下痢や嘔吐、食欲低下を起こしてしまう。

・飼い主が居ない状態の時に、部屋の中の物を壊したりグチャグチャに散らかしたりしている。

・飼い主が出かける支度をし始めるのを察知して落ち着かないそぶりを見せ始め、後ろをついて回る。

・飼い主が出かけようとすると吠え始め、出かけた後も吠え続けている。

・飼い主が居ない時、手足を舐め続けたり噛んでしまう自傷行為をしてしまう。

・飼い主の姿が見えない時に、トイレ以外で排泄をしてしまう。

・飼い主が返ってきた時に、「うれしょん」をしてしまう。

・飼い主さんがトイレやお風呂に入って姿を消しただけで、パニックを起こしてしまう。

 

等、体調に変化をもたらしてしまう場合と、飼い主の関心を引くための問題行動の、大きく分けて二つのパターンに分かれます。

 

犬の分離不安症の原因は?

 

どんな原因が考えられるのでしょうか?

 

色々なものがあると思いますが、一番の原因は「飼い主さんが帰って来ないんじゃないか」という不安感だと思います。

 

これは、飼い主と犬の関係がお互いに強い依存関係になってしまっていることが考えられますし、また小さい時に辛い体験をした場合のトラウマが引き起こす事もある場合がありますね。

 

また脳や神経の障害がある場合も考えられます。

 

犬の分離不安症を治すには

 

重度な問題行動を伴う「分離不安症」や脳や神経の障害の場合は、医師の処方による投薬、治療が必要になることもあります。

 

まだ症状が軽い場合は、しつけの延長線上での治療から始められることが多い様です。

 

しつけでの改善

 

どんな方法があるのでしょう。

 

先ずは飼い主がいなくなる事に耐えられるように、自立、一人の時間に慣れさせることが大事になってきます。

 

それには飼い主の側が意識を変えていかなくてはなりません、つまり「甘やかさない」ということですね。

 

「分離不安症」の多くは過保護状態が原因だと思われます。犬が自分の方が上だと思い込んでいる可能性がありますので、「抱いてほしい」「撫でてほしい」「おやつが欲しい」と甘えてきた時に、そのまま犬の要求に応じてはいけません。犬主導の接し方を改善することです。

 

犬が要求してきた時には、「おすわり」「お手」「まて」と服従の訓練をして従ってきた場合にのみ応じる様に心掛けなければなりません。犬は自分よりも上の存在に服従する事に抵抗はありませんし、そして上の存在からほめられることに喜びを感じるモノなのです。

 

一人でいることに慣れさせるには

 

部屋に居る時から慣れさせていきます。

 

ワンちゃんに注意を向けていないそぶりでフッと別な部屋へ行き、数分で戻ることから始めます。そして少しずつ時間を長く慣れさせていきます。

 

飼い主さんは常日頃から毅然とした態度でいることを心掛けましょう。「留守番」に関しても、「ごめんね」というような気持ちを見せないように接しなければなりません。

出かける時もさりげない様子で出かけることから始めたら良いでしょうね。

 

上着を着たり、化粧を始めたり、鍵を持ったりと外出時の支度をワンちゃんが察知してソワソワし出す。という流れにしない様にしたいです。

 

最初は出掛ける少し前からワンちゃんの様子を気にしないそぶりで居ましょう。

そして「お留守番していてね」とか声掛けはせずに外出時して、ワンちゃんが不安になる前に帰って来てあげて「すぐに帰ってくるんだ」と思わせる様にしていき、徐々に時間を長くするという練習をしていくと良いでしょう。

特に出かける前の声掛けはしない様にしましょう。「お留守番」と云うキーワードに反応するようになるのを避けるためにも。

 

そして帰ってきた時に騒がずにおとなしくしていた時には、褒めてあげてください。

 

興奮してお出迎えされた時には、ワンちゃんには注意を向けずにいて興奮が収まってから声掛けをしてあげて下さい。

それとワンちゃんの気持ちを不安定にしない為にも、留守中のいたずらや粗相に対しては叱らずに何も言わずにかたずける様にしましょう。犬にとってはその場で叱られないと何を怒られているか判断できないのです。

 

このようにして「一人で居ても飼い主は直ぐに帰って来る」「一人で居ると良いことがある」と思わせることが大切です。

 

あと留守中にワンちゃんを不安にさせる要因として、大きい音や光などの外的な刺激に敏感になっている場合があります。そのようなときは出来るだけ環境を変えてあげる様にしていきましょう。

 

まとめ

 

「分離不安症は」過保護が原因の部分が多いと思います。そして日本の飼い犬、特に室内犬はただかわいがるだけの存在になっている場合が多くなっているのではないでしょうか?

 

犬は「動くぬいぐるみ」ではありません。犬は家族です。

 

子供と同じように可愛がるだけではなく、躾をしてそして自立心を育てる様にしなければならないのではないでしょうか?

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.