犬の嫌がる音!ストレスを与えない為には

更新日:

 

犬と私たち人間との生活の中での避けられないものの中に、生活音の問題がありますね。

 

犬は人間に比べ聴覚が発達している為、人間には何でもない音でも犬にとっては大変なストレスを与えている恐れがあります。

 

犬にとっての苦手な音とは、どの様なものなのでしょうか。

 

愛犬に嫌な思いをさせない為にも、生活の中での避けたい音や方法などを考えていきたいと思います。

 

犬の嫌がる音を知る必要性とは?

 

何故、犬が嫌がる音を知らなければならないのかと言いますと、無用なストレスを与えない為です。

愛犬との生活を豊かにしていく上で、ストレスを与えることは様々な弊害を生むことになるからです。

 

 

犬の嫌がる音とは

 

犬が嫌いな音にはどんな特徴があるのでしょうか?

 

・掃除機

・ドライヤー

・雷

・花火

・工事の金属音

・車や電車、飛行機などのエンジン音

・チャイムやブザー音

 

等々生活の中で聞こえる、嫌がる音を挙げてみましたが。

犬が本能的に嫌がる音と後天的に嫌がるようになった音に分けられと思います。

 

本能的に嫌がる音

 

本能的に嫌がる音の特徴は「突発的(予想できない)な音」「大きな音」「普段耳にしない音」などで、「恐怖心」や「不安感」を煽る音になります。

 

私達も雷や花火など予測していない時に聞こえたらは、びっくりしますし大きい音なら本能的に恐怖心を抱いて心臓の鼓動が勝手に早くなったりしますよね。

ドライヤーや掃除機の音は私たちには予測できる音ですし、恐怖心を抱く程大きい音ではありませんが。

聴力の敏感な犬には人間よりも大きく聞こえるため、尚更恐怖心を掻き立てられることになります。

 

後天的に嫌いになる音

 

嫌な思いをしたor怖い思いをした時に聞こえた音などがあります。

 

シャンプーの嫌いな犬の場合必ず最後に耳の側で大きな音を立てるドライヤーの音などは嫌いになりますし。一人でお留守番してい居て心細い状態の時にいきなり聞こえてきたチャイムの音など当てはまると思います。

 

犬の嫌がる音によるストレス

 

犬の嫌がる音を放置している、つまり「恐怖心」や「不安感」を与え続けていることになります。

 

そのままにしているとどうなるでしょうか?

 

私たちも経験があると思いますが、体に異常が出たり体調不良を引き起こしますよね。

 

犬も同じで「恐怖心」から大きな声で吠え続ける事により興奮状態になり失禁などを引き起こしたり等、目に見える症状のほかに長く続くストレスにより免疫力の低下を引き起こす恐れもあります。

 

今現在肉体的に健康でも免疫力の低下から病気に罹り易くなりますし、アレルギーなどもともと持っているワンちゃんの場合には症状が悪化することにもなります。

 

飼い主として愛犬にしてあげられる事

 

愛犬が嫌な音でストレスを感じるのを防ぐためには、日常の中で聞こえてきてしまう嫌な音を把握して、慣らしていく事が肝心だと思います。

 

日常の中の嫌な音を完全に排除することはできませんものね。

ならば少しずつでも平常心を保つように慣らしてあげていきましょう。

 

犬の嫌がっている音の見分け方

 

その音が聞こえてきた時に不安そうなそぶりを見せたり、威嚇するように吠えてみたり飼い主の側から離れないようになっていたらその兆候が見られます。

 

慣れさせるためには

 

室内の日常音の場合、小さい音から聞かせていきましょう。

 

最初から嫌がりそうな音を予想して慣れさせていく事が理想ですが、一度嫌がるそぶりを見せた音を過剰な反応を見せない小さな音量から初めて様子を見ながら徐々に音量を上げていくことにします。

反応を見せな状態が続いたときは、おやつや遊びなどご褒美をあげて、反応を見せてしまった時は音量を下げて下さい。

 

飼い主が側に居てワンちゃんが落ち着いている状態or安心している時や遊んでいて気を取られている状態で、音を聞かせていけばなおの事慣れるスピードが上がるかもしれませんよね。

 

 

留守番をさせる時

 

静かな状態でいきなり音がしたらびっくりして驚いてしまうので、訓練の期間中は一人きりにしてしまう留守番の時などは、ラジオなど音を流した環境にして置き、外から聞こえる音を紛らわす様にしておきましょう。

 

突然の大きい音に対しては

 

ここは飼い主の方も頑張ってほしい時ですが。

突然の大きい音で一緒になって飼い主が慌ててしまっては犬も不安になってしまいます。その時はビックリしてしまっても犬に悟られないようにして「全然大丈夫だよ」というそぶりを見せてあげて下さい。

落ちついた態度を見せることで、犬の動揺を抑えてあげましょう。

 

まとめ

 

日常の中で犬の嫌がる刺激的な音を全て排除することはできません。少しずつでも慣らしていくしかないのです。

 

愛犬の人間との生活を暮らしやすくしていくためには必要な事なので、飼い主の皆さんは共に努力していきましょう。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.