雨の日の犬の散歩は必要なの?

更新日:

 

「愛犬の散歩は毎日言ってますよ」と言われる飼い主の方はたくさんいらっしゃると思います。

朝晩2回の方も居れば、もっと連れていく方も居ます。

 

では、雨の日にはどうしていらっしゃいますか?

 

犬の散歩の必要性

 

犬は一日に多くの運動量が必要とされる生き物ですので、その運動量に達しなければ必然的にストレスを感じるようになります。

 

小型犬の場合は、室内での遊びなどでいくらかは運動量を満たすことが出来るでしょうが中型犬以上にもなればそれだけでは足りないことにもなります。

 

運動量が満たされれば、食欲の増進にもつながり筋力の維持や新陳代謝の異常も回避できますね。

 

それに散歩により広い空間での気分転換、他の人や犬との接触による社会性の獲得などメリットも多く、犬の散歩は愛犬の肉体的にも精神衛生的にも健康管理のためには必要な事とだと云えます。

 

雨の日の犬の散歩は必要なのか?

 

雨の日の散歩は飼い主さんの都合ですが、正直行くのが面倒だなと考えがちになります。

 

特に毛の長い犬種を買って居らっしゃる飼い主の方の場合は、どうしても足やお腹の部分の毛が汚れてしまうので散歩から帰って来てから洗うことを考えると億劫になってしまいます。

 

散歩の重要性は分かりますが、必ず雨の日や毎日行かなくてはならないものなのでしょうか?

 

そんなことはないと思いますよ。

 

「雨の日の昨日は行けなかったけど今日は行けるね」でも良いと思われます。

 

強迫観念に取りつかれたように「どんなことがあっても毎日散歩に行かなければ」とは考えなくてよいと思います。毎日散歩に行けなくてもそんなに直ぐにワンちゃんに異常が出るモノではないのですから。

 

むしろ毎日同じ回数、決まった時間と決めていたり犬に催促されたりで出かける事に依る弊害もあります。

 

お散歩が犬主導のものになっていて、犬と人間の立場が逆転していてはいけませんしね。散歩は人間主導で、時間も回数もそして天候によっても人間の都合で決めてよいのです。

 

「うちのワンちゃんは外でしか排泄が出来ないから」という場合もありますが、それはまた躾の問題になりますね。

 

雨の日の散歩で気を付けたいこと

 

路面が濡れていることによるトラブルには気を付けたいものです。

 

足の裏を守る役目の肉球も雨の中散歩をしているうちにふやけてきて、普段なら平気な路面の凹凸や小石などにより傷つく恐れがあります。また、雨により流れ出た除草剤やタバコの吸殻からの液などに汚染された水溜まりにも気を付けて下さい。

水撥ねや雨により毛の奥や皮膚にまで水分や汚れが付くことがあります。

汚れだけふき取る場合でも、また洗う場合でも、その後半乾きにしていると蒸れて皮膚トラブルのもとになる恐れがありますので必ず乾燥するようにしてください。

 

まとめ

 

雨のため散歩を中止した場合は、家の中でのスキンシップに時間をかけてあげることも大事です。

そして散歩に行った時もその後のお手入れにと、どちらにしても愛犬のためのケアを心掛けたいですね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.