犬にも笑顔はあるの?

更新日:

 

犬は暑いときなど体温調整のためにパンティングをしますよね。

 

人によっては、その様子が笑顔に見えるだけで犬は笑顔を作っている訳では無いと云います。

 

本当でしょうか?

 

散歩の前など、暑くもなさそうなときにも「ヘッヘッ」としているのを見ていると、どうしても犬が笑顔を見せているとしか思えません。

 

これは、飼い主が犬にも笑顔をしてほしいと云う願望ある為の、ただの錯覚なのでしょうか?

 

今回は、犬の表情について考えていきたいと思います。

 

犬も笑顔はある

 

犬に感情があることについては、犬が笑顔を作ることに否定的な人でも異論は無いと思います。

 

では、笑顔を作る行為は人間だけなのでしょうか?

 

笑顔を作るのは類人猿

 

笑顔を作る動物といわれて思い浮かぶのはチンパンジーがいます。「○○動物園」などのテレビ番組で見ていればそう感じますよね。

 

実は人間以外で先天的な能力として笑顔を作るのは、類人猿だけと云われているようです。

 

そしてチンパンジーは人間と共通の祖先が比較的に近いので笑顔を作る能力があるのですね。

 

犬の笑顔は後天的な能力

 

飼い主氏が帰宅した時や、散歩の準備をしている時には犬が尻尾を振ったり飛び跳ねたりしながら喜びを表現しますよね。

 

その時の表情も明らかに笑顔に見えます。

 

では何故笑顔は類人猿だけだと云うのでしょうか?

 

それは、犬が笑顔を見せるのは本来の習性ではなく後天的に身に着けた能力だからという事になるからです。

 

犬が人間との生活の中で飼い主の事をよく見ています。感情の変化の時の行動や表情、声のトーン等、よく観察しているのです。

 

そして犬も学び身につけて、人間のような表情を表すようになるのです。

 

ですので、人間との関わりのない野生の犬にはこの能力が無いと云えます。

 

フレーメン反応

 

猫好きの方は、猫も笑顔を作ると云われると思いますが。

 

残念ながら、猫が見せる笑顔のような表情はフレーメン反応と呼ばれるもので、馬やゾウなどの哺乳類に見られる行為です。

匂いを多く取り込む為に「ヤコブソン器官」を空気にさらす行為が笑顔に見えてしまうと云う事なのです。

 

その瞬間を写真に収めると、ほんとに笑っているように見えますが。

 

猫が喜びの感情を表している時に、その笑顔に見える表情を出していないのが物語っていますね。

 

まとめ

 

本来犬は感情を身体全体で表現しますが、人間との関わりの中で観察、学習して表情を使ったコミュニケーションを身に着けたと云えます。

 

飼い主としてみれば、そんな能力を使い笑顔を見せてくれた愛犬をさらにいとおしく思ってしまいますね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.