犬の誤飲で一番危険なのは?ひもで死に至る?

更新日:

 

犬と一緒に生活する中で気を付けなければならない事の一つに誤飲があります。

 

家の中には犬が間違って飲んでしまうと危険なものがいっぱいあり、室内犬の場合は生活空間が一緒のため誤飲の可能性が高まることになります。

 

ペットの誤飲には大きく分けて2つのタイプがあります。

 

それは「異物」と「毒物(中毒)」です。

 

「毒物(中毒)」の方が危険度が高く思われますが、「異物」の場合でも死に至るケースがあるのです。

 

死に至る可能性のある「異物」とは?

 

今回は「異物」の誤飲について考えていきたいと思います。

 

犬の誤飲「異物」

 

犬は様々なものを飲み込む可能性があります。ティシュ、ペットシーツ、キーホルダー等々口に入る大きさならば何でも考えられます。

 

誤飲をしてしまったのを見つけた場合は慌ててしまいますが、消化できるものならば、経過観察により問題が出ない場合もあります。しかし「異物」の種類によっては時間の経過とともに状態が悪くなり重篤な症状から命にかかわることにもなりかねません。

 

そんな「異物」のケースで、1番の曲者は意外にも、、、。

 

 

犬の誤飲「異物」で一番危険なのは「ひも」

 

「異物」の中で一番死亡例が多いものが「ひも」なのだそうです。

 

「線状異物」という言葉もあるくらい発生するケースが多く、死亡例も出ています。

 

「線状異物」とは、紐や糸などの直線的な形状の物体を指し、これを誤飲してしまった時に使われます。

 

ではなぜ「ひも」で死亡にまで至ってしまうのでしょう?

 

肛門から「ひも」が出ている!

 

腸の形状を見ると、くびれていますよね?

 

ですので、線状のものが腸の中に入りますと、腸の螺旋運動の動きに伴って下流(肛門に向かって)に流れていく時に引っかかることになり、線状のものが長ければ長い程引っかかる箇所が増える可能性があるのです。

 

そして引っかかった状態と腸の動きの結果として、アコーディオンカーテンを引き絞る様に腸が巻き上げられることになります。

 

そうなると、腸の血流が阻害されることになり長時間放置されるとその部分が壊死することになるのです。

 

愛犬の肛門から線状のものが一部分出ているのを発見した時には、決して引き抜こうとしないで病院にすぐに連れて行ってください。

 

上記の様に腸に絡まっている状態なので もし引き抜いてしまったら腸をずたずたに引き裂いてしまうことになり、切れた腸からは内容物が腹腔内にあふれ出すことになり、腹膜炎から敗血症を引き起こす事になります。

 

この場合は開腹手術により異物を取り出すという事になるそうです。

 

誤飲を疑ったら病院へ!

 

誤飲の発見はとても難しいものです。

 

その瞬間を運良く目撃していれば良いですが、直後には症状が出にくいために、気づくことが出来ず時間が経ってしまう事になることが多いのです。

 

それに誤飲したものによって対処の仕方も変わってきます。

 

「もしかしたら誤飲したかも?」と思われた時には、迷わずに病院へ連れて行ってください。

 

まとめ

 

今回は「異物」のケースについてお伝えしましたが、誤飲には「毒物(中毒)」のケースもあります。

 

どちらの場合も命のかかわることですので、素人判断で対処せずに誤飲を疑った時にはすぐに獣医さんの診断を受けてください。

 

飼い主の責任として、留守番などで愛犬を一人にする時は誤飲の可能性のあるものを管理し整理整頓しておくことが重要になりますね。

 

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.