子犬の低血糖症には要注意!

更新日:

 

おうちに迎えたばかりの子犬。

 

容姿やしぐさの可愛さ、そして新しい家族を迎えた喜びでとても幸せな瞬間ですね。

 

そんな時程、気を付けないといけないのが子犬の健康です。

 

子犬は十分に体も免疫も出来上がっておりません。その為、成犬なら重篤にまでに至らないような事でも子犬の場合は一気に進んで体調を崩してしまう恐れが高いのです。

 

そして注意しなければならないのが、子犬の「低血糖症」です。気が付いてあげられず、放置していると短時間で死に至ってしまう可能性があるのです。

 

愛犬を守るためのも「低血糖症」について考えていきましょう。

 

子犬の低血糖症の危険性

 

低血糖とは?

 

血液中に含まれる糖分濃度(=血糖値)が低くなることで起きる病気が低血糖症です。

 

身体を動かす為に必要な燃料といえるものがブドウ糖(=血糖)です。ブドウ糖を燃やすことで動物は様々な活動を行うことが出来るのです。

その血糖値が下がると身体が正常に機能しなくなり様々な症状を引き起こす事になります。

 

そして生後3ヶ月頃までの子犬は低血糖症を発症しやすいと云われております。

 

子犬が低血糖症になり易い理由は?

 

何故、子犬の時期に低血糖症が発生しやすいのでしょうか?

 

身体を正常に機能させるためにはエネルギー源であるブドウ糖を一定保つことは必要でありとても重要です。

 

そしてその役割を担っているのが肝臓なのです。

 

肝臓は食事により分解され取り込まれたブドウ糖をグリコーゲンと呼ばれる物質に変換させ貯蔵の役割を果たしたおり、血液中の血糖値が低くなると、このグリコーゲンをブドウ糖に戻して血液中に放出し血糖値の調整しているのです。

 

この肝臓の血糖値調整機能が正常の働く成犬の場合は、数日間食事をとれなくても血糖値が命の危険があるほどに下がることもなくて済みますが、子犬の場合は身体が出来ていないので肝臓の働きも十分とは言えず成犬に比べ極端といえるほど低いのです。

 

子犬は肝臓でのブドウ糖の貯金が出来ていない状態なので、糖分の補充を毎回の食事からに、ほとんど頼ることになってしまっているので成犬に比べ低血糖症になり易いのです。

 

子犬が低血糖症になるのはどんな時?

 

子犬は肝臓の働きが弱いため空腹時間が長引くと血糖値が維持できず低血糖症になるので、子犬の場合は食事、食欲の維持が重要になってきます。

 

食事の時間

 

離乳をできていない子犬が3時間ミルクを飲まなかっただけで低血糖を起こす場合もありますし、離乳が済んだ子犬の場合も半日食事をとらない場合には低血糖症になる恐れもあります。

 

ですので、ご飯を与える時間には気を付けないといけませんね。

子犬の時には,6時間以上は時間を空けない事が望ましいと云えます。食事は1日に4回以上に分けて与えることが良いと思われます。

 

ストレスによる食欲不振

 

特に子犬の時は環境の変化によってもストレスを抱えてしまいますので、新しく家族に迎えた時から2~3週間は注意が必要です。食欲不振から低血糖症になる危険が高まります。

 

ストレスは胃腸炎を発症させることもあるのです。

 

お家に迎えてから食欲が落ちてきたと云う場合には、ストレスを抱えている可能性が高いので早めに獣医さんに相談する事が必要です。

 

低血糖症になるとどんな症状が出るの?

 

血糖値が下がってくると活発に動き回ることが出来なくなってきます。そのため、だるそうにグッタリとして、眠ることが多くなります。

脳の部分には優先的にブドウ糖は回されているのですが、最後の砦のそれさえも足りなくなると、とても危険な状態に至ります。

 

こちらの呼びかけにも反応できないほど意識が無くなって来たり、痙攣を起こしたりし始めてしまったら数分で死に至る事もあるので一刻も早く対処しないといけません。

 

低血糖症になってしまった時は

 

食事を与えてから時間がたってしまっていた場合や、運動をした後にふらつきが見られた時は低血糖症の恐れがあります。

 

低血糖症が疑われる場合は、直ぐに病院に連れていく事が大事なのは言うまでもありませんが、応急処置的な方法があります。一刻を争う状況になる場合もありますので覚えておいても損はないと思われます。

 

ガムシロップ

 

 

低血糖症の恐れがある時は血糖値を回復する必要があります。

そしてガムシロップが有効な手段になるのです。(無い場合は、砂糖をお湯で溶かして砂糖水を作ってください)

 

糖分は舌や歯茎の粘膜から吸収されるので、飲み込むことが出来ない状態の時は、ガムシロップを指ですくい数滴分(目安としては総量1mlから2ml)舌の上に塗ってあげて下さい。これで血糖値を回復することが出来ます。

口を開けられない場合の時は、歯茎に塗り込むのも有効です。

 

ここで気を付けなければならないのは、無理に飲み込まそうとしない事です。

このような状態の時は、意識が朦朧となっている事があり、飲み込む力が弱い状態の時にのどの近くに流し込むと気管に入り呼吸困難になってしまう場合があります。

 

少量ずつ塗り込むことが大事です。

 

回復しても安心しない

 

これで回復しても安心しないでください。これは一時しのぎの応急処置であり、すぐに病院に連れていく事が必要なのですよ。

ガムシロップによる糖分補給などはすぐに消費されてしまいます、1時間も持たないと考えてください。

 

食欲不振など、回復のためには総合的な治療が必要なのですから、必ず病院に連れていく事が愛犬を救うことになることを覚えておいてください。

 

まとめ

 

低血糖症の原因はエネルギー源の不足です。

 

子犬は空腹時間が続く事が無いようにしなければならないので、総量は同じでも食事の回数を増やしてあげることが予防につながります。

 

寄生虫がいる場合は、そちらに栄養分が取られて低血糖症を引き起こしやすくなっている場合もありますので、子犬の場合には普段から様子に注意を払って、異常が見られたら病院に連れていくようにしましょう。

 

大切な新しい家族を守れるのはあなたしかいないのです。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.