犬に嫌われる人の特徴とは?

投稿日:

 

「犬が大好きなのに何故か嫌われてしまう、、、。そばに寄って来てくれない。」そんな方、、、いますね。

 

犬好きの方なら、本人にとっては深刻な悩みでしょう。

 

その一方で逆に何もしていなくても、犬にすごく懐かれるって人もいますよね。

その人自身が犬好きか嫌いかは関係なくてもね。

 

この違いは、何なんでしょう?

 

何か犬に嫌われる行動があるのでしょうか?

 

今回はそんな疑問にこたえたいと思います。

 

犬に嫌われる人の特徴とは?

 

犬に避けられる人、、、それは、知らず知らずのうちに「犬に嫌われる行動をしてしまっている」という事になります。

 

つまり本人的には犬に対して好意をもって接していても、犬にとってその行動は不安にさせられたり、あるいは恐怖感を感じる事になっている場合があるという事です。

 

これはお互いにとって不幸な事ですよね。

 

出来れば避けたい。

 

では具体的にどのようなことが犬に避けられる事になるかを説明したいと思います。

 

大きい声

 

犬と接する上では「声」というのは大事な要素になります。

 

犬は優れた聴覚を持っているのもありますが、犬にとっては普通の人間の話す声ですらうるさいと感じることがある様なのです。

 

「キャー可愛い!」と犬好きな人が興奮して犬に近づこうとしても、警戒されて避けられる光景が見られる場合がありますね。

 

犬の側からすればその人の「犬が好き」の行動を好意的に受け止めるより、その甲高い声のトーンにビックリして恐怖心を抱いてしまい、攻撃的な態度を取らせます。

 

犬は高い声や騒々しい行動などが苦手なのです。犬と接する時には、大きな声を出す必要などないのですよ。

 

私たちの「話し声」には自分では意識していなくても様々な感情がこもっているものなのです。

 

そして人間の声に含まれている感情を犬はとても敏感に読み取っています。

 

穏やかに話しかけるだけで伝わるのですよ。

 

感情的になる

 

感情的になって接するという事は、相手にとっては突然のビックリする体験です。本人的には自分の中での感情の高まりなどの段階を経ていても、周りにはわからないものですから。

 

ましてや初対面の相手にそんなことをされたら犬にとっては、いきなりの恐怖体験でしかないのですね。

 

態度や行動に落ち着きがない

 

犬は人間の不安感などの心の感情も読み取ります。

 

不安感を持って接して来る人には、犬自身も不安感に囚われてしまい吠えたりとか敏感に反応するようになってしまいます。

 

落ち着きのある態度で接してくれ安心感を与えてくれる人を犬は好むようです。

 

犬は感情的、もしくは騒々しい人は苦手なのです。

 

すぐに触れてくる

 

 

犬はスキンシップを好む動物ですが、それは相手の事をわかっている場合の話。

 

良く知らない相手には、どうしても警戒心があります。そんな時に触ろうとして来られたらやはり避けてしまいますよね。

 

それにワンちゃん個々の性格にもよりますが、犬自身の相手に近づくタイミングというのもあります。

 

犬は待つことのできる人が好きなのです。

 

犬の社会でのコミュニケーションの方法をご存知でしょうか?お互いに匂いを嗅ぎあい自己紹介をすることから始まるのです。

 

ですので、その時に犬の初対面の相手に対する行動を邪魔せずに待てる人には好感を持ってくれます。

 

その犬の社会のルールを無視した行動、相手の体にいきなり触れることをしてしまうと警戒されてしまうのですよ。もしその場で大人しく触らせてくれていたとしても、それはその犬に対して大分ストレスを与えているので気を付けてください。

 

正面からじっと見つめる

 

正面から見つめていると犬に目を逸らされたことがありませんか?

 

人の世界では、目を見て話すことは良い事とされていますよね。なので、犬に対しても自分は好意を持っていることを伝えたかったり、かわいい顔を見たいのもあって正面から目を見つめて接しようとします。

 

ですが、犬に対してはこれらの行為はNGだという事をご存知でしょうか?

 

犬の世界では、目を見つめると云う行為は威嚇や攻撃の意味も持つので犬に警戒心を持たしてしまうのです。

なので初対面の人だと尚更、見つめられると不安から威嚇のために吠えられてしまう事もあります。

 

もちろん、信頼関係が築かれている飼い主の方との間では目を見つめあうことが愛情表現として成り立ちます。

ですので、信頼関係が築かれるまでは目を見つめる行為は控えた方が良いのです。

 

香水とかお酒など香りのキツイ人

 

犬が嗅覚に優れている為、臭いの強い物も苦手なのです。

 

人間でも不快に感じる、お酒や香水、芳香剤の匂いなどは犬には避けられるので気を付けましょう。

 

まとめ

 

犬に嫌われる方の特徴についてお伝えしてきましたが、簡単に言ってしまえば、

 

犬に好かれる人は無意識のうちに好かれる行動をしている。

嫌われる人は無意識のうちに嫌われる行動をしているもの。

 

という事になりますね。

 

・大きい声

・すぐに触れてくる。

・態度や行動に落ち着きがない。

・正面からじっと見つめる

・高い声は犬を不安にさせる。低い声も犬を怖がらせる。

 

このことを念頭の上で、犬に嫌われる行為に気を付けていけば犬の事が好きなのに避けられてしまうという悲しいことはなくなると思います。

 

落ち着いて態度に安心感を持って接してあげてくださいね。

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.