犬の寒さ対策に湯たんぽ

投稿日:

 

 

寒い季節、ワンちゃんは寒さに強いイメージがありますがやはり寒いものは寒いですよね。
出来るだけ快適に過ごさせてあげたいものです。

 

その寒さ対策にはどんなものが良いのでしょうか?

ヒーターやエアコンなどだと、温度の上がり方が早かったり、火災、火傷の危険などもありますね。

 

出来るだけ安全にワンちゃんを温める暖房器具を考え場合に、思いつくのが湯たんぽです。その湯たんぽですが、温度はどの位が適当かなど使用にあたっての注意点など気になりますね。

 

今回はそんな湯たんぽの使用法についてお伝えしていきたいと思います。

 

犬の寒さ対策

 

周りの気温の低さから引き起こされる危険の一つに低体温症があります。低体温症とは、平熱より著しく体温が下がってしまい体の機能が損なわれる状態の事を言います。

 

ワンちゃん達の体温というのは人間に比べ2~3度程高い為、人間よりも体温を維持する事が大切になり低体温症を判断する体温も違ってくるため注意が必要になります。

低体温により体調を落とした場合に命の危険につながりやすい子犬や老犬の場合は特に気を付けなければなりません。

 

そして低体温に至らずとも、健康な犬でも、寒い季節に体温を維持する為には体力を消耗する事になります。湯たんぽを使い快適な環境になれば、ストレスなく寒い冬を過ごせるのでお勧めなのです。

 

寒さ対策に湯たんぽのメリット

 

 

暖房機などと違い火を使わず正しく使えば安全で場所も選びません。いつも寝ているワンちゃんのお気に入りの場所やゲージ内で手軽に設置でき身体の側で長い時間愛犬に暖かさを与える事ができるメリットがあります。

 

元来群れで生活してきた犬にとっては体温維持に仲間同士で身体を寄せ合ってきた記憶があります。寄り添うほかの仲間の体温の様に優しい暖かさの温度に調整出来る湯たんぽで身体の側で温めることが出来れば、犬にとっては安心感を与えてくれる最適な方法なのかもしれませんね。

 

寒さ対策に湯たんぽの使用法

 

火を使わずに安全とは言え、湯たんぽも「熱を発する」物ですので、その点をしっかりと認識し正しい使い方を心掛けなければなりません。

 

湯たんぽの温度は?

 

適切な湯たんぽの温度ですが、使用する犬の大きさや時間、使用する環境などにより変わってきますので慎重に考えましょう。熱湯を入れずに、お湯を入れてからしばらく放置して、人が触っていても熱くない温度を目安にしてください。

 

湯たんぽ使用による注意点

 

湯たんぽの使用に当たって気を付けなければならない事の一つに低温火傷があります。

 

低温火傷

 

低温火傷とは、低い温度なのに安心して身体の側に長時間置いておくことにより、自覚症状が無いうちに火傷をしてしまう事を言います。

 

「熱い!」と感じて身体から離すほどではない熱にじわじわと長い時間晒される為に、皮膚の表面だけでなく奥にも火傷が達してしまい、治療も厄介になる火傷です。

 

これを避けるためには、犬用に使う湯たんぽには必ずカバーを付けるの基本になります。カバーを付けた状態で湯たんぽを触ったときに「温かい」と直ぐに感じるより、じんわり温かさが伝わるくらいになる厚手のカバーを付けるのが安全です。

 

湯たんぽはだんだんと暖かくなっていくものなので、意外と温度が上がってしまうのです。直接犬の体に湯たんぽが触れる使用の仕方は避けてください。

 

脱水・熱中症

 

そして、湯たんぽの置き場所にも気を付けなければなりませんよ。狭い寝床やゲージの中でなどで使用する場合には、犬が温かさから逃げられるスペースを確保する事が大切です。

 

犬の体温調整のためにはそのような空間が必要なのです。これは低温火傷の他にも、脱水状態や熱中症を避ける為にも必要なことですので注意してあげましょう。

 

 湯たんぽの材質はどのタイプが良いのか?

 

湯たんぽの材質にも気を付けなけなければなりません。

 

好奇心の高い犬や噛み癖のある犬の場合湯たんぽを齧る可能性がありますので、万一の時も安全な材質の湯たんぽを選びましょう。

 

湯たんぽのおき場所

 

老犬など足元のおぼつかない犬の場合、硬い材質で高さのあるタイプの湯たんぽですと転倒の危険もありますので犬のタイプや使用状況を考え、置き場所や適切なタイプの湯たんぽを選んであげましょう。

 

人間用と犬用の湯たんぽの違いとは?

 

湯たんぽ自体の機能的、材質的には違いはありません、主にカバーの材質に工夫がされており、おしっこ対策に防水仕様になっていたり齧り対策に丈夫な造りになっています。

なので、カバーを付けたりと犬用の対策をれば人間用を使用しても問題はありません。

 

まとめ

 

 

ワンちゃん達も人間同様冬は寒い思いをしているのです。

 

快適に冬を過ごすためには、私たち飼い主が気を付けなければなりません。お留守番や夜など私たちの目が届かない場面では、適切な使用を心掛ければ火や電気を用いる暖房器具より安全な湯たんぽを使用するメリットをお伝えしました。

 

愛犬と共に寒い季節を乗り越えるためのお役に立てる事になれば幸いです。

 

                                           
ペット(犬)ランキング                                                                              
にほんブログ村                                    ランキングに参加しております。クリックして頂けたら、励みになります。







-

Copyright© くるみの小部屋 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.